読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーバーウォッチ昼間から遊び隊

PS4版オーバーウォッチを昼間から遊びたい人が集まるブログです。

【WoFF】ワールドオブファイナルファンタジーはストーリーが面白い!

f:id:kitune_soldier:20161028082045p:plain

どうも、きつね兵士です^^

昨日FFの新作ワールドオブファイナルファンタジーが発売され、私も開店と同時に買いにいってさっそくやってみました!(値段は5378円でした。)まだ序盤の3章までしかクリアしていませんが、今のところのやってみての感想を書いていきたいと思います。

 ワールドオブファイナルファンタジー(WoFF)はぬいぐるみのような小っちゃくて可愛いキャラたちがいる世界で冒険するPRGです。登場するキャラはほぼほぼぬいぐるみ(プリメロという)で、ストーリー展開上重要と思われるキャラ(主人公や敵の幹部など)は普通の大きさの人(オオビトという)という感じになっています。

操作方法についてですが、先週に配信された体験版をやった方はちょっと説明不足というか戸惑った方もいるかもしれませんが、製品版ではちゃんと1つ1つコマンドの説明から戦い方、ジェム化についてなど事細かに説明してくれるので安心です。

 

それと私が感動したのは、ゲームの設定(たとえば全滅した時の仕様など)がちゃんとゲームの中の世界で理屈付けされていることです。

たとえば敵にやられて全滅した時(ボス戦は除く)はナインウッズヒルという最初の拠点みたいなところに戻されるのですが、お金やアイテム、進行状況などは全く失いません。普通はゲームの設定だからそうなんだなーで終わるのですが、今作ではタマ(きつねのガイド役キャラ)の能力によって全滅前の状態に時間を戻すことで戻ってくるというちゃんとした理屈が付いています。

ちなみにボス戦など重要なバトルでは直前にセーブポイントがあって、負けた場合はゲームオーバー(最後にセーブしたところから完全にやり直し)となります。

 

それとRPGといったら肝心のストーリーですが、今回はかなり面白いです。面白いというのはワクワクするという意味もありますが、キャラ同士の掛け合いが一つのアニメを見ているようで、初めてRPGをやってて笑ってしまいましたw

ただまだ序盤だからだと思いますがそういうイベントシーン的なのが結構多く、やってるうちの半分くらいの時間はコントローラーを置いてアニメを見ている感覚でしたね。

 

戦闘システムについては体験版とまったく同じと言っていいでしょう。3章まではボス戦が1回あったのですが、レベル上げなどの作業はすることなく今のところ全滅もせずに来れていますので、RPG初心者でもぜんぜん大丈夫だと思います。

あと戦闘はターン制で行うのですが、そのターンがくるまでがやや待ち時間が長い印象です。PS4版ではR1ボタンを押すと早送りができるのですが、それを使わないと待ち時間が長く感じました(とはいっても10秒くらいだけど)。まあこれはウエイトモード(コマンド選択中に時間が止まるモード)だからなので、慣れた方はアクティブモード(常に時間が経過する)でやれば気にならないのかもしれませんね。

 

あと、主人公の名前(ラァンとレェン)は変えることはできません。ゲットしたミラージュ(モンスター)の名前は自由に変えることができますが、主人公の名前を自由に変えたいなと思っている方はできませんので注意です。

あとは武器や防具、アクセサリーといったものもなく、主人公の強化はレベル上げとミラストーンというFF7でいうマテリアのようなものを装備して魔法が使えるようになるという感じです。ゲットしたミラージュはレベル上げのほか、アビリティボードというFF10みたいなボード上でSP(スキルポイント)をつかって魔法や特技を覚えていく感じですね。

 

ということで、WoFF序盤の感想でした。今日もやる予定なので、何か面白い発見などがあったらお知らせしていきたいと思います(^^)

ちなみに3体のうち私はラムウを選びました(やればわかるw)。

ではまた!